カードローンとは

ここ最近ではインターネットの広告宣伝などでカードローンの広告をよく見ます。ローンというくらいですから、借金ということはわかるのですが、その内容や仕組みはどのようになっているのでしょうか。

「カードローンって結局はサラ金でしょ?」という声も聞えてきます。これは当たらずとも遠からずといえます。かつてはサラ金と呼ばれた消費者金融会社のメインの金融商品になっているからです。ここで消費者金融会社の話をするとバブル経済全盛の90年前後に最盛期となった消費者金融会社ですが、バブルの終焉とともに経営が傾いていきました。貸倒があいつぎ、さらには過酷な取立と高金利を是正するための貸金法の改正に過払い請求など紆余曲折の中でほとんどの消費者金融会社は破綻していったのです。

とはいっても昔の名前で出ているのは?という話ももっともで大手の消費者金融はそのままつぶれずに都市銀行やネット銀行に救われたのです。早い話がグループの傘下に入ったということです。実際には社内体制は一新され名前だけそのままで会社は総替えといったほうが近いでしょう。名前が残ったのはまがりなりにも浸透していたブランドを大切にしたためです。カードローン自体は数年前からでていたのですがここにきて広告や宣伝活動が活発化したのは景気が拡大局面に入ったことが大きいです。今では最大で1000万円まで借りることのできるカードローンの仕組みをここで詳しく見ていきましょう。

◎関連情報サイト
カードローンの金利などがわかる情報サイトです > カードローン